Taira Sakakibaraさんのブログ

8月
20

誕生日のお祝い (August 20, 2010)

2日遅れてですが、東京で親子ネットの関係者の方々に、お誕生日のお祝いをしていただきました。嬉しい限りです。ありがとうございました。

7月
24

下村博文衆議院議員、共同養育で私たちが実現したいもの

7月24日に,早稲田大学で集会「共同養育で私たちが実現したいもの」が行われ参加しました。そのときの下村博文衆議院議員によるスピーチです。
子どもの貧困を防ぐためにも,共同親権・共同養育が求められています。

5月
24

共同親権導入へ向けた簡単な民法改正案、後藤弁護士が外国人特派員協会で会見

2010年5月24日千代田区有楽町の外国人特派員協会で行われた後藤富士子弁護士による記者会見で、共同親権の導入へ向けた簡単な民法改正案について述べています。

【民法】
(第818条)

5月
24

訃報・齋藤和彦さん(炭焼き職人)

訃報・齋藤和彦さん(炭焼き職人)逝去

2008年3月には「マチャアキJAPAN/世界の子供がSOS!/ヨーロッパ最貧国モルドバで少女の夢を叶える炭焼き作り」 がテレビ放映されました。

5月
9

「子どもが心開くときへと寄り添って」、松井弓夫先生の教育講話

松井 弓夫 (著)/子どもが心開くときへと寄り添って松井 弓夫 (著)/子どもが心開くときへと寄り添って
5月9日、岐阜県羽島市にある寺院・竹鼻別院で行われた「子どもが心開くときへと寄り添って」と題する教育講話に参加しました。

講師は高校の校長を退職後に岐阜の山奥に、不登校、ひきこもり、非行の子どもたちを受け入れる私塾「恕心館」を開かれた松井弓夫さんです。

講話の内容は次の通りでした。

子どもは生きる力を持っている、ポテンシャルがある。親は自分の過去を押し付けていないか?自分の理想を押し付けていないか?子どもには教えることはしない。代わりに「生き方」を教える。生き方とは生きる規則のこと。科学の真髄はトライアンドエラー。生物はDNAだけで生きている。だが人間はDNAプラス学びで生きることができる。子どもたちの「生きる力」を信じることだ。

後列中央が松井弓夫先生、その左が宮嶋健太郎氏、前列右が私・榊原平後列中央が松井弓夫先生、その左が宮嶋健太郎氏、前列右が私・榊原平

12月
27

2月27日(土)上映会「地球ステージ ありがとうの物語」(ドキュメンタリー)のお知らせ

わたしも「呼びかけ人」の一人となりましたので,以下の映画上映会をお知らせいたします。

12月
6

昭林ホールフェスタ/城南詩吟愛好会の発表

安城中央図書館の前にある昭林公民館で行われた昭林ホールフェスタで、詩吟の発表を行いました。10分の発表時間の中で私は俳句2句と石川啄木の詩の朗詠をしました。

城南詩吟愛好会・記念写真撮影。大西健介代議士も撮影に入られました。城南詩吟愛好会・記念写真撮影。大西健介代議士も撮影に入られました。

俳句の朗詠の様子俳句の朗詠の様子

 

 

 石川啄木の詩の朗詠の様子石川啄木の詩の朗詠の様子

11月
26

自信と責任をもって推薦したのは誰なのか?

http://www.chunichi.co.jp/からの記事転載です

無免許運転容疑で高浜市議逮捕 違法行為繰り返す

2009年11月24日 21時36分

 

8月の市議補欠選挙の選挙はがきの中の杉浦康之容疑者8月の市議補欠選挙の選挙はがきの中の杉浦康之容疑者

 愛知県警碧南署は24日、道交法違反(無免許運転)の疑いで同県高浜市議杉浦康之容疑者(56)=高浜市春日町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は24日、運転免許の取り消し処分を受けていたのに、高浜市内の県道で軽自動車を運転した疑い。「自宅近くのガソリンスタンドで給油するところだった」と供述している。

 同署に匿名で「市議が無免許運転している」と通報があり、捜査していた。杉浦容疑者は07年、信号無視を摘発された際、無免許の発覚をおそれて不携帯を装い、虚偽の書類を警察に提出したとして今年10月、有印私文書偽造容疑などで書類送検されていた。

11月
6

娘とともに秋葉公園での「森の学校」に参加

3日の文化の日、秋葉公園で行われた森の学校に娘とともに参加しました。 木枯らしの冷たい強風が吹く中、娘と一緒に秋の自然に親しむことができました。 秋葉公園で行われた森の学校で3歳の娘のつくった作品(2009.11.03)秋葉公園で行われた森の学校で3歳の娘のつくった作品(2009.11.03)

安城学園高校の弦楽演奏では、最近バイオリンの演奏に関心を示していた娘に、目の前で生演奏を見せてあげることができました。また桜学園高校の創作劇は創意工夫に満ち溢れて楽しかったです。

ブーメランづくり、オーナメントづくり、竹の指輪づくりに娘も参加させていただき、一生懸命自分の幼い手を動かして製作を楽しんでいました。

 

さすがに娘が寒そうだったので途中で帰りましたが、娘は家に帰ってからは疲れて昼ご飯も取らずにぐっすり寝ってしまいました。

去年の森の学校も娘とともに参加したのですが、当時2歳だったにも関わらず、今でも楽しかったと記憶してくれております。今年もいい思い出と体験ができました。

10月
1

「安城市の憲法」が交付されました。

 これまで取り組んできた安城市自治基本条例が、昨日の安城市議会9月議会での議決をうけて本日交付となりました。
安城市自治基本条例を可決した安城市議会安城市自治基本条例を可決した安城市議会
安城市自治基本条例とは、これまで国と自治体は主従の関係であったけど、地方分権の流れをうけて、これから国と安城市が対等な関係となっていくためにも「安城市の憲法」が必要ということで平成19年の年末から2年近くあんき会や審議会で議論検討してきたものです。

これまで自分も「あんき会」や個人の立場で条例策定のための勉強会や意見募集、素案づくりやPRのための様様な活動してきました。ようやく、その成果が正式に条例の形となって完成したわけです。

昨日は、私とあんき会長さんと他1名の3名で市議会に傍聴にでかけてきました。全会一致での可決の後、会長さんらと握手を交わしました。議会閉会後、議員さんらにお礼の挨拶してきました。この条例の交付を受けて、自分もあんき会メンバーを解職となり、あんき会も(一旦)解散となります。