Taira Sakakibaraさんのブログ

【 OECDアジア国際経済フォーラム 】

[img_assist|nid=864|title=アンヘル・グリア OECD事務局長|desc=|link=node|align=left|width=540|height=540][img_assist|nid=865|title=環境省伊藤忠彦副大臣の挨拶|desc=|link=node|align=left|width=270|height=270]
[img_assist|nid=869|title=|desc=|link=node|align=right|width=240|height=240]
[img_assist|nid=867|title=|desc=|link=node|align=left|width=245|height=270][img_assist|nid=868|title=|desc=|link=node|align=left|width=203|height=270]

【 ゴールドマン法の対日制裁の発動は考えにくいと答弁し米国怒らせる 】

デイヴィッド・ゴールドマン法の対日制裁措置の発動の可能性について2月14日の国会で松浪ケンタ議員から問われた岸田文雄外務大臣は「これまで米国が外国にゴールドマン法の制裁措置が適用したことは一度もない、制裁を受ける可能性は考えにくい」と答弁。しかし米国外交防衛委員会は、岸田外務大臣を名指してけしからんと対日制裁を呼び掛けた!重大な人権侵害なのに楽観し過ぎ

【 持続可能なまちづくりとは -世界に潜む災害の危機 国連フォーラム勉強会 】

【国連と防災のお話】松岡 由季(まつおか ゆき)さんという国連機関の日本代表として活躍する若い綺麗な女性のお話を勉強会で聞いてきました。[img_assist|nid=851|title=松岡由季・国連国際防災戦略事務局(UNISDR)の駐日事務所代表|desc=|link=node|align=left|width=270|height=270]大学キャンパスで聞いて終電で帰ってきました。
 東南海トラフ地震の最悪の被害想定は「死者32万人」です。熊本地震では2万人の自衛隊員が投入されましたが、首都直下型地震では6千万人が、東南海トラフ地震では2億人の自衛隊が必要であることが予想されています。つまり熊本と同じ対応は不可能です。首都直下と南海トラフ地震で日本は回復できなくなるおそれもあります。CO2上昇に伴う気候変動で災害も激甚化しています。自然災害は避けられないので「縮災(ディザスター・レジリエンス )」を実現する必要があるとされています。残念なことに「縮災」(ディズアスター・レジリエンス )が、安倍政権が掲げる「国土強靭化」政策と同じにされてしまっているようですが、必要とされるのは「減災」と「共助」で政策が異なってるようで心配です。
 こうしたお話を「国連持続可能な開発目標 #SDGs」の17の目標のうちの「目標11(#Goal11):持続可能なまちづくり」の観点で防災についての話が聞けました。防災で大切なのは、「インクルージョン(包摂)」と「レジリエンス(縮災)」です。[img_assist|nid=852|title=持続可能な開発目標 目標11 持続可能な都市づくり|desc=|link=node|align=left|width=270|height=270]
 国際防災戦略事務局( UNISDR)という国連機関はスイスのジュネーブに本部があります。国連機関で中々日本が活躍することは難しいですが、防災の分野では日本は世界でもトップをいっています。国連もこれまでの起きてしまった災害を復旧を支援するところから、発展途上を防災の観点で支援するように変わってきていて、日本のこれまで災害の経験と防災のノウハウが世界から求められているようです。

【 女神の泉主催「生きる力」講演会 】

【 生きる力講演会 】今月も浩子さんのお着物姿が見れて、美味しいデザートも食べれて綺麗な三河湾の海の景色も見れて、とっても心も満足できました。「生きる力」を沢山いただきました。主催の「女神の泉」の浩子さん司会のふみ枝さんありがとうございました。[img_assist|nid=847|title=女神の泉|desc=|link=node|align=left|width=540|height=539][img_assist|nid=849|title=|desc=|link=node|align=left|width=540|height=404]

【 東日本大震災の日に寄せて 絆〜ともに生きる 】

[img_assist|nid=838|title= 〜東日本大震災の日に寄せて『絆〜ともに生きる』|desc=|link=node|align=left|width=540|height=540]
[img_assist|nid=839|title=|desc=|link=node|align=left|width=540|height=720][img_assist|nid=845|title=|desc=|link=node|align=left|width=540|height=358]

【 美濃市の教泉寺に、千畝の生誕地の案内板を設置の活動始まる 】

[img_assist|nid=836|title=杉原千畝から学ぶ会|desc=|link=node|align=left|width=540|height=522]

【 世界記憶遺産登録の申請で、杉原千畝の『偽物』手記2点取り下げ 】

【CBCテレビ報道部イッポウ速報】『杉原千畝 の世界記憶遺産登録の申請の八百津町が偽物の疑義があった 手記2点を取り下げ』杉原千畝のユネスコの世界記憶遺産の登録申請において生誕地と手記2年の改竄疑惑の上がっていた岐阜県の八百津町ですが、先日の申請書での「birth place:生誕地」から「hometown:出身地」への書き換えに続いて、「偽物」の疑いのある「手記2点」についてもユネスコへの申請から取り下げたとのことです。CBCテレビ報道部の原誠さんが、八百津町役場前から生中継で実況をされました。これまでの八百津町による世界記憶遺産の申請は、日本は歴史を改竄する国であるとして国際社会から信用を失いかねない大きな懸念がありました。手記2点が取り下げられたことで、そうした懸念がひとまず取り除かれました\(^o^)/

【 杉原千畝の出生地、教泉寺の住職を囲んで 】

[b]杉原千畝の生誕地の案内板の設置のお願いに岐阜県、美濃市(旧上有知町)の教泉寺に。教泉寺にきて、千畝は教泉寺に生まれて慈悲の心をもったのかと、そんな想像も…。今回の教泉寺への訪問で住職様からも生誕地の案内板の設置に前向きな返事がいただけたように思いました。自治体や地方議員には様々なしがらみがあるようですが、市民で段取りできるところは市民で進めて、杉原千畝の功績と精神が、正しい歴史で世界と後世に引き継がれるようにしていきます。[/b]
[img_assist|nid=826|title=教泉寺住職を囲んで|desc= |link=node|align=left|width=540|height=543]

徹底追及第6弾

[img_assist|nid=828|title=千畝の四男伸生さんが教泉寺を訪れた新聞記事が教泉寺に飾られている|desc=|link=node|align=left|width=540|height=5400][img_assist|nid=832|title=|desc=教泉寺に掲示されていました。千畝はお寺に生まれたから慈悲の心を身に付けたのでしょうか。。。教泉寺ではそんな想像も広がります。|link=node|align=left|width=540|height=405]
[img_assist|nid=830|title=美濃市千畝町の板取川にかかる千畝橋|desc=クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。|link=node|align=left|width=300|height=274][img_assist|nid=829|title=美濃千畝町バス停|desc=クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。|link=node|align=left|width=313|height=270]

[img_assist|nid=831|title=|desc=|link=right|align=right|width=320|height=320]

四男伸生さんは岸田文雄外務大臣と

[b]杉原千畝の四男杉原伸生さんは8日、岸田文雄外務大臣とお会いになって、偽造の疑いのある手記についてもお話をされたそうです。[/b]

[b]はやくこの問題が解決して、千畝の功績と精神が、正しい歴史で世界に広められ、次世代に語り継がれるようになることを望みます。[/b]

【 TOKUZO 】

[img_assist|nid=834|title=TOKUZO|desc=|link=node|align=left|width=540|height=405][img_assist|nid=833|title=TOKUZO|desc=|link=node|align=left|width=540|height=405][img_assist|nid=824|title=榊原平|desc=|link=node|align=left|width=550|height=550]

ページ

Subscribe to RSS - Taira Sakakibaraさんのブログ