【 ガレット・デ・ロワのひととき 】

1月
8

フランス新年の風物詩でもある「ガレット・デ・ロワ」(galette des rois) です。

ガレット・デ・ロアいただきます。写真的に表面の模様がとても綺麗です。

食べてみたら普通のパイでした。おさらいした「新約聖書」のキリスト誕生と東方三博士の訪問の話を娘にはしました。興味深そうに聞いていました。フェ―ヴ(陶器の欠片、実際はアーモンド)は自分が当たりました。王様は私で、今年1年幸福が訪れるはずです。