杉原千畝氏本人の貴重な肉声映像

10月
19

1983年9月29日深夜、放送「運命をわけた1枚のビザ―4500人のユダヤ人を救った日本人」
生前の83才の杉原千畝 氏(没1986年7月31日)本人の肉声による数少ない貴重な映像です。2000年(平成12年)に日本国政府による公式の名誉回復がなされるよりも17年程前です。




映像は千畝さんが86才で亡くなる4年前の頃で、鎌倉に過ごしていたようです。千畝さんのお墓も鎌倉にあり、つい先日にも、カハノフ駐日イスラエル大使が墓参に訪れていたようそうです。
千畝さんに救われたユダヤ人は多く身近なにいるのです。千畝さんについての報道は近年多くありました。私が千畝さん本人の映像は見る初めてので、おそらく今回のこの映像は最初に放送されて以来、公開されてこなかった映像ではないかと思っています。千畝さんの本当の偉業を後世に伝えていき、自分たちも千畝さんのように強く逞しく優しくなれたらよいと思いました。