中日劇場『南の島に雪が降る』で合唱参加

8月
14

南の島に雪が降るが、今日8月14日から名古屋の中日劇場で上演されていますが、このカーテンコールで浜辺の歌を岐阜の吉田里江さんや主演の元宝塚宙組トップスターの大和悠河さんらとともに合唱をさせていただきました。フィナーレに舞台側から満員の観客前にでれて、とても感動しました。

皆さんもぜひ中日劇場に足をお運びください。

 

岐阜の吉田里江さんとともに岐阜の吉田里江さんとともに

『南の島に雪が降る』のポスター『南の島に雪が降る』のポスター

南の島に雪が降る』(みなみのしまにゆきがふる)は、俳優加東大介の従軍経験手記。初版は1961年9月に、文藝春秋新社(現:文藝春秋)から刊行された。のちに映画化、テレビドラマ化されている。

太平洋戦争大東亜戦争)末期、飢えとマラリアに苦しむニューギニアの首都マノクワリで、兵士の慰安と士気高揚のため作られた劇団の物語。加東大介(本名・加藤徳之助)軍曹が座長を務め、漫画家小林よしのりの祖父(母方で博多出身)も座員で、「快僧曹長 篠原龍照」として登場する。

 

 

あらすじ[編集]

加東大介は、兄が沢村国太郎、姉が沢村貞子と、舞台関係者揃いの家庭で育ち根っからの役者。甥っ子(沢村国太郎の子)2人も、後に俳優長門裕之津川雅彦となった(長門は戦前から子役で活動していた)。当時加東は、劇団前進座に所属していたが、昭和18年(1943年)10月に召集を受けニューギニアに向かった。しかしそこは主力部隊から脱落し見放され、救援物資も届かない最果ての地。戦友たちは飢えとマラリアでバタバタと死んでゆく。いつ戦争が終わるかもわからない。希望が全くない。

そんな過酷な状況で加東大介は、上官からの命もあり、なんと演芸分隊を立ち上げ、熱帯のジャングルの真ん中に日本の舞台を作り、三味線弾き、ムーラン・ルージュの脚本家、スペイン舞踊の教師、舞台美術・衣装担当の友禅職人など、実に個性的なメンバーと共に、彼らは公演を始める。

ありあわせの布に絵を描いて衣装を作り、ロープをカツラにし、亜鉛華軟膏を塗りたくり白粉にする。いまその舞台を見たら、なんと粗末な舞台だと思うだろう。しかしいつ帰れるかもわからない日本兵にとって、それは夢だった。希望そのものだった。女形の内股の白さに女房を思い、小道具の長火鉢に日本を思う。その舞台を見るまでは死ねない。時には重病人を回復させるまでもの希望が、その舞台にはあった。

長谷川伸瞼の母」の舞台では、紙を使い雪を降らせた場面では、客席から毎回、どよめきと歓喜の声があがった。加東らは雪景色を充分堪能させてから登場するようにしていたが、ある日の公演で、いくら待ってもしんとしている。不審に思って舞台の袖からのぞいてみると、数百名いた兵隊が皆、涙を流していた。聞いてみると彼らは東北の部隊だった。